メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国宝展

「縄文国宝」地元連携 3首長が懇談 京都

「縄文国宝」の活用で連携を深めることを確かめ合った(左から)新潟県十日町市の関口芳史市長、青柳正規・前文化庁長官、長野県茅野市の柳平千代一市長、山形県舟形町の森富広町長=京都市中京区で2017年10月3日、横田美晴撮影

 京都国立博物館の特別展覧会「国宝」の開幕に合わせ、3日、同展に並ぶ土偶や土器計4点の「縄文国宝」出土地の3市町長が京都市内で懇談した。市長らは国宝にちなんだイベントなどの企画力を高めるため、今後、さらに連携を深めることを確かめ合った。

 懇談会に参加したのは、「縄文のビーナス」「仮面の女神」と呼ばれる土偶2点が出土した長…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです