特集

岩手|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「岩手|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

衆院選2017

選挙対応「各党で判断」 4党実務者会議 共産「共闘を追求」 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進、共産、自由、社民の野党4党は2日、盛岡市内で実務者会議を開き、衆院選を巡る対応を協議した。2015年の知事選を契機に県内で連携してきた4党は当初、岩手2、3区で候補を一本化し、選挙戦に臨む予定だったが、民進党の希望の党への事実上の合流により、事態は急変。この日の会合では、民進党が合流の経緯を説明し、各党から既存の野党共闘の継続を望む声が上がったが、選挙対応についてはそれぞれの判断に委ねられることとなった。【佐藤慶、藤井朋子】

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文823文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集