メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

館林市

「歴史の小径」広告主募集 「葵の紋」の電柱に掲出 /群馬

 館林市は旧城下町地区に整備した「歴史の小径(こみち)」沿いの電柱に掲出する案内板を兼ねた広告スポンサーを募集している。市が東電タウンプランニングと結んでいる「地域貢献型電柱広告」協定を活用する。広告料金は月額1600円(税別)の2年契約。先着順。

 「歴史の小径」は、東武館林駅前の「竜の井」から旧鷹匠(たかじょう)町(現大手町)を結ぶ約1・5キロの散策路。

 経路には、国の登録有形文化財に指定されている分福酒造の「毛塚記念館」や「旧館林二業見番組合事務所」…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  5. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです