特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-久保利明王将 第18局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

[後]2五桂を巡る思惑

 図は[先]4六歩と突いた局面。ここで久保は17分で[後]2五桂を決断した。両者の感想が興味深い。

 佐藤は、その前に[先]1六歩と突いておいたのは[後]2五桂をけん制する意味だったという。[後]2五桂[先]同飛に[後]2四歩から[後]2五歩と伸ばしてこられた時、[先]1七桂の反撃を作る意味である。「それでも[後]2五桂とやってくるんですね」と佐藤は苦笑い。

 かたや久保は[先]4六歩で[先]1五歩なら[後]5三銀からゆっくり指すつもりだったという。[先]4六歩に今度[後]5三銀は(1)[先]4七銀。そこで[後]2五桂は[先]同飛[後]1四角[先]3六銀[後]2五角[先]同銀[後]2八飛に[先]4七角が好打になる。「[先]4六歩だったので、(このタイミングで)[後]2五桂とやっていきたくなったんです」と久保。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文799文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集