大幸薬品

「正露丸」ラッパのメロディー「音商標」 出願から2年半 「こんなに長くかかるとは」 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
メロディーの認知度の証明に「意外に長くかかった」と苦労を語る大幸薬品の森田慈心総務部長=大阪市西区の同社で、亀田早苗撮影
メロディーの認知度の証明に「意外に長くかかった」と苦労を語る大幸薬品の森田慈心総務部長=大阪市西区の同社で、亀田早苗撮影

 大幸薬品の「正露丸」のコマーシャルに使われるラッパのメロディーが9月、「音商標」として初めて登録された。だれもが口ずさめるメロディー、大幸薬品提供。その認知度の高さが特許庁に認められるまで、2年半かかった。

 特許庁は、企業のブランド戦略の多様化を図るため2015年4月、音や動き、色彩のみなど新タイプの商標の出願受け付けを始めた。音商標はメロディーやハーモニー、リズムなど音楽的要素のみで成り立つものだ。

 大幸薬品で商標登録を担当した森田慈心(しげみ)総務部長によると、一番乗りを狙って準備し、受け付け開始と同時に登録を申請した。正露丸の音として親しまれながら、権利は法的に裏付けられていなかった。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文579文字)

あわせて読みたい

注目の特集