メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大幸薬品

「正露丸」ラッパのメロディー「音商標」 出願から2年半 「こんなに長くかかるとは」 /大阪

メロディーの認知度の証明に「意外に長くかかった」と苦労を語る大幸薬品の森田慈心総務部長=大阪市西区の同社で、亀田早苗撮影

 大幸薬品の「正露丸」のコマーシャルに使われるラッパのメロディーが9月、「音商標」として初めて登録された。だれもが口ずさめるメロディー、大幸薬品提供。その認知度の高さが特許庁に認められるまで、2年半かかった。

 特許庁は、企業のブランド戦略の多様化を図るため2015年4月、音や動き、色彩のみなど新タイプの商標の出願受け付けを始めた。音商標はメロディーやハーモニー、リズムなど音楽的要素のみで成り立つものだ。

 大幸薬品で商標登録を担当した森田慈心(しげみ)総務部長によると、一番乗りを狙って準備し、受け付け開…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです