メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 驚きの病院=越智貴雄

パラプレジックセンターの玄関周辺。カフェテラスあり、現代アートの掲示ありと、病院とは思えない雰囲気だ=スイス・ノットウィルで、写真家・越智貴雄さん撮影

 パラ陸上の取材のたびに訪れるのは、スイス・ノットウィルにある「パラプレジックセンター」だ。初めて来た時は、ショッピングモールや美術館などの複合施設かと思った。美しい湖と丘が一望でき、スポーツ施設や研究拠点はもちろん、スタイリッシュな建築物、レストランが整備されている。

 驚いたのは、この場所が病院だということ。創設者のザック医師は、国の障害者リハビリ施設で働いていた時に暗いイメージに抵抗があったこともあり、立地にこだわった。常駐スタッフは1300人おり、医療関…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  4. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  5. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです