連載

たしなみの文化考

文化人、識者らの趣味・嗜好(しこう)を紹介しながら本業との相関や豊かな生き方を探ります。

連載一覧

たしなみの文化考

/6 造形作家・中辻悦子さんの煎茶 シンプルかつ自由なる道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自ら絵付けした道具を使い、煎茶を楽しむ中辻悦子さん=兵庫県宝塚市で、菅知美撮影
自ら絵付けした道具を使い、煎茶を楽しむ中辻悦子さん=兵庫県宝塚市で、菅知美撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

日常の移ろい、感性にも刺激 亡夫・元永定正さんとも一煎

 兵庫県宝塚市の住宅街。美術館や画廊で取材を重ねてきた造形作家、中辻悦子さんの自宅を訪ねたのは、いつもとは違う目的--小川流煎茶の手前を見せていただくためだった。

 2階和室には、椅子に座って手前をする立礼(りゅうれい)席が整えられていた。中辻さんの絵付けと分かる茶碗(ちゃわん)や茶瓶を目にし、記者は一気に心が和む。お香がたかれ、別世界へといざなわれた。

 5客並んだ小ぶりの茶碗を清める、湯で温めるといった一つ一つの所作が丁寧に、流れるように進む。クライマックスは一瞬だった。茶瓶を持った中辻さんの右手が、横に並んだ茶碗の上をすっと移動したのは、1秒ほど。大胆でカッコいい。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1785文字)

あわせて読みたい

注目の特集