メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食

アレルギー事故防止に自動検知システム 兵庫・西宮

給食での誤食によるアレルギーを防止しようと、兵庫県西宮市ではパソコンで管理するシステムが始まった

 兵庫県西宮市は9月から市内の小中学校全61校で、食べ物にアレルギーのある児童・生徒が口にしてはいけない給食の献立がパソコンで自動検出される「アレルギー管理システム」を導入した。市側が原材料・加工品を、学校が保護者から寄せられた児童の対象アレルギー食材などをそれぞれ登録。画面に表示された1カ月の献立メニューのうち、児童の食べられない料理が赤・青などの色で警告表示される仕組み。市によると、給食アレルギー事故を無くすための自動判定システムは珍しいという。【山本愛】

 「今日の献立には食べられないものはないよね」。システム運用が始まって最初の給食があった9月5日。卵…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです