福山市

小林克也さんを「福山ふるさと大使」第1号に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福山の魅力について枝広市長(右)と語り合う小林さん=広島県福山市役所で、真下信幸撮影
福山の魅力について枝広市長(右)と語り合う小林さん=広島県福山市役所で、真下信幸撮影

 広島県福山市は、福山の魅力を国内外に発信する「福山ふるさと大使」を創設し、第1号として市出身のラジオDJ、小林克也さん(76)を任命した。市役所で9月30日に開かれた委嘱式で、小林さんは「これまでの活動で多くの視点から福山を見るチャンスがあった。外から見る福山の魅力を中にいる人に伝え、古里を盛り上げる提案をしていきたい」と意気込んだ。

 小林さんは福山市野上町出身で、広島大付属福山高を卒業後に上京。1970年からラジオ番組のパーソナリティーで人気を集め、「ベストヒットUSA」などの番組を担当し、バイリンガルDJの草分けとして活躍した。現在もテレビ、ラジオの司会や俳優など多岐に活動する。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集