メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR大阪環状線

オレンジ色に別れ…103系、最後の運行

JR大阪環状線の103系

 JR大阪環状線のシンボルとして半世紀近くにわたり親しまれたオレンジ色の通勤形車両「103系」が3日、最後の運行を終えた。国鉄時代の1969年から活躍し、老朽化のため昨年12月以降、新型車両「323系」への切り替えが進んでいた。この日は朝から駅ホームや沿線に鉄道ファンが集まり、別れを惜しんでいた。

 103系にちなみ、10月3日が引退日となった。午前11時20分ごろ、大勢のファンを乗せた最後の電車が京橋駅(大阪市城東区)に到着し、「回送」に変わった。

 103系は約3500両製造され、国鉄・JRを代表した車両の一つ。東日本では既に姿を消している。大阪環状線の車両は廃車となるが、奈良線(黄緑色)などでは今も現役で走る。

 沿線の玉造駅(大阪市天王寺区)近くでは、保育園児たちが走行する103系に向かって「ありがとう」と声をかけ、旗を振った。最後の姿を見ようと千葉県袖ケ浦市から駆けつけたという会社員、新河慶一さん(23)は「オレンジ一色の車両は異彩を放ち、むしろ斬新に感じる。もう見られないのは残念」と話した。【根本毅】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]