メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『にっぽん洋食物語大全』小菅桂子・著

◆『にっぽん洋食物語大全』小菅桂子・著(ちくま文庫/税別950円)

 1983年に刊行された『にっぽん洋食物語』に、かなりの加筆・修正をして、この文庫版『大全』は出来上がっている。小菅桂子さんは一冊の本を書き上げた後、それでひとまずよしとせず、洋食のルーツについての調査をし続けていたのだなとよく分かる。なぜなら、その元の本も、うちの本棚に並んでいるから。当時のあとがきには、食の職人たちの取材をよくしていたとあって、こう記されている。

「なかでもいちばんたくさん出会ったのが、日本の洋食史の語部(かたりべ)ともいうべきコックさんたちである」

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです