メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『にっぽん洋食物語大全』小菅桂子・著

大胆な発想によって日常に取り込んでゆく

◆『にっぽん洋食物語大全』小菅桂子・著(ちくま文庫/税別950円)

 1983年に刊行された『にっぽん洋食物語』に、かなりの加筆・修正をして、この文庫版『大全』は出来上がっている。小菅桂子さんは一冊の本を書き上げた後、それでひとまずよしとせず、洋食のルーツについての調査をし続けていたのだなとよく分かる。なぜなら、その元の本も、うちの本棚に並んでいるから。当時のあとがきには、食の職人たちの取材をよくしていたとあって、こう記されている。

「なかでもいちばんたくさん出会ったのが、日本の洋食史の語部(かたりべ)ともいうべきコックさんたちであ…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです