メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

開沼 博・評『「元号」と戦後日本』鈴木洋仁・著

あと一年で終わる今、「平成」について考える

◆『「元号」と戦後日本』鈴木洋仁(ひろひと)・著(青土社/税別1900円)

 年配の人と昔の話をしている時、こちらが西暦で年を言うと「昭和で言ってくれない?」と言われて困ることがある。歴史を学ぶ時は、基本的には西暦で捉えてきたからだ。でも、元号で時代を大づかみに捉える感覚がまったくないわけでもない。「昭和って言ったらこんな感じ」という何かが自分の中にある。前からその不思議さを感じていた。

 本書の著者が以前書いた『「平成」論』では、私たちにとっての「平成」のつかみどころのなさについての考…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1477文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]