メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 文裕を見守る両親の愛=金沢盛栄

本因坊就位式・祝賀会で、母井山宏美さん(左)、父井山裕さん(中央)と談笑する本因坊文裕=東京都文京区で2017年9月29日、小川昌宏撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太6冠=と高尾紳路名人の名人戦七番勝負が大詰めを迎えつつある。現在、第4局まで終えて、挑戦者文裕の3勝1敗。再度の7冠同時制覇に向け、ファンの期待は高まっている。

 名人戦と並行して、天元、そして王座戦の防衛戦と続く。文裕、相変わらずのハードスケジュールである。その合間を縫って、本因坊6連覇を祝う、「第72期本因坊就位式・祝賀会」が先月末、東京都内のホテルで開かれた。

 約180人のファン、関係者が文裕の快挙を祝ったが、その中に、両親の姿も見えた。父の会社員、裕さん(55)はカメラを構え、パチリ、パチリ。母の中学教諭、宏美さん(55)と共に、一人息子の晴れ姿を穏やかな表情で見守った。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです