メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 文裕を見守る両親の愛=金沢盛栄

本因坊就位式・祝賀会で、母井山宏美さん(左)、父井山裕さん(中央)と談笑する本因坊文裕=東京都文京区で2017年9月29日、小川昌宏撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太6冠=と高尾紳路名人の名人戦七番勝負が大詰めを迎えつつある。現在、第4局まで終えて、挑戦者文裕の3勝1敗。再度の7冠同時制覇に向け、ファンの期待は高まっている。

 名人戦と並行して、天元、そして王座戦の防衛戦と続く。文裕、相変わらずのハードスケジュールである。その合間を縫って、本因坊6連覇を祝う、「第72期本因坊就位式・祝賀会」が先月末、東京都内のホテルで開かれた。

 約180人のファン、関係者が文裕の快挙を祝ったが、その中に、両親の姿も見えた。父の会社員、裕さん(55)はカメラを構え、パチリ、パチリ。母の中学教諭、宏美さん(55)と共に、一人息子の晴れ姿を穏やかな表情で見守った。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです