メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

それでも争点は安倍政治=与良正男

 「排除の論理」が一種の流行語になったのは1996年だった。

 この年9月、当時のさきがけを離党して旧民主党を結成した鳩山由紀夫氏は、さきがけと社民党の丸ごと合流を否定し、さきがけの代表格だった武村正義氏らの参加を拒んだことからしきりと使われた言葉だ。

 あの時も結党は臨時国会冒頭で衆院が解散された翌日というドタバタだった。私も「排除の論理」を批判する記事を随分書いたものだ。

 今回の希望の党と民進党との連携話は「歴史は繰り返す」といった様相である。さて、どう考えるか。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです