衆院選2017

「支持政党は選挙後議論」 連合会長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 連合は4日、東京都内で定期大会を開いた。神津里季生(りきお)会長は衆院選で希望の党や立憲民主党などの特定政党を支持せず、民進党出身候補らを個別に支援する方針について「連合として支持政党をどうするかは選挙後に議論する」と述べ、理解を求めた。支援してきた民進党が事実上解党したことについては「何としても1強政治に終止符を打たんとする、文字通り身を捨てる覚悟を伴った決断だ」と一定の理解を示した。

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集