衆院選

排除より吸収力を 元「新党さきがけ」代表・武村正義氏に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院解散を機に、新党結成の動きが続いている。希望の党へ合流を目指した民進党だったが、希望側が安全保障政策をハードルにして一部の民進前議員を排除。反発した民進の枝野幸男代表代行が立憲民主党を結成し、民進は事実上分裂した。10日の公示を前に情勢は激動しているが、かつて「新党さきがけ」代表を務めた武村正義元蔵相(83)に見方を聞いた。【三上健太郎】

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1112文字)

あわせて読みたい

注目の特集