特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季北海道高校野球大会

函館工・旭川実、3回戦へ 雨で2試合、きょうに順延 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旭川実・稲田が延長十回にスクイズ=札幌円山球場で 拡大
旭川実・稲田が延長十回にスクイズ=札幌円山球場で

 第70回秋季道高校野球大会(道高野連、毎日新聞社主催)は3日、札幌円山で2回戦2試合があった。函館工が武修館に快勝し、旭川実は延長十回表に札幌大谷を大きく突き放して制し、それぞれ3回戦に進んだ。札幌麻生の2回戦2試合は雨天順延になった。4日は両球場で2回戦4試合が行われる。【源馬のぞみ】

バント練習の成果

 ○…旭川実の二塁手・稲田(2年)はチームを引っ張るムードメーカーだが、1日の北照戦では脳しんとうを起こし、悔しい思いをしながら交代。この日は「大暴れする」と意気込んで臨んだ。その結果、延長十回1死満塁の好機で2走者を生還させるスクイズを成功させ、「バントの練習を重ねた成果。チームのためになりうれしい」と表情をほころばせた。次戦は春の全道大会で負けた稚内大谷。「スタンドで応援してくれる3年生のためにも強気で戦い、勝って甲子園に近づきたい」と雪辱を誓った。


札幌円山

 ▽2回戦

武修館、健闘も及ばず

武修館 000022000=4

函館工 30400110×=9

 (武)石橋-小川

 (函)関東、工藤-岩沢

▽三塁打 森田(武)嵐田(函)

▽二塁打 龍(武)花坂(函)

 函館工は一回裏に2四死球3安打で3点先制し、三回も打線がつながって試合を優位に進めた。武修館は五回と六回に計3安打で4点を返し、守備でも3併殺と健闘したが、終盤は無安打で及ばなかった。

札幌大谷、延長で力尽く

旭川実  0000021005=8

札幌大谷 0002001000=3

 (延長十回)

 (旭)坪井-笹原

 (札)菊地、西原-飯田

▽二塁打 熊谷、葛西(旭)疋田、細谷(札)

 旭川実は好機に1本が出ないなど九回まで攻めあぐねたが、延長十回表に5安打で突き放した。札幌大谷は先発・菊地が中盤まで好投し、九回裏には満塁の好機があったが、後続が続かずに得点できなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい