医療ミス

モルヒネ大量投与 「伝達ミス原因」水戸の病院会見 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で謝罪した村田実院長(右)ら=水戸市双葉台の水戸済生会総合病院で
記者会見で謝罪した村田実院長(右)ら=水戸市双葉台の水戸済生会総合病院で

 水戸済生会総合病院(水戸市双葉台3)で心臓のカテーテル手術を受けた女性患者(当時69歳)が大量のモルヒネを投与され、その後死亡した医療事故で、同病院は3日、記者会見を開き、医師と看護師の間での伝達ミスが原因で標準使用量の2・5~5倍を投与していたことを明らかにした。

 同病院によると、患者は9月14日、閉塞(へいそく)性肥大型心筋症の治療として、カテーテル手術を受けた。男性手術医が痛みを緩和する塩酸モルヒネの投与を女性看護師に指示する際、単位が「ミリグラム」の…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

あわせて読みたい

注目の特集