メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙わざ大賞

竹内さん「生命」 応募362作品 長泉で審査会 /静岡

作品を審査する日比野克彦さん(左)と福田美蘭さん=いずれも長泉町本宿の特種東海製紙で

 紙を使った自由な発想の作品を競う「紙わざ大賞」の審査会が3日、主催する特種東海製紙の資料館Pam(長泉町本宿)であった。大賞には日本デザイナー芸術学院の竹内紀帆さん(19)=愛知県=の「生命」が選ばれた。丸めた厚紙の断面・小口を人の指紋に見立てた作品で、小口に赤インクを塗り、ハンコのように押した印影も添えた。

 審査委員長で東京芸術大美術学部長のアーティスト、日比野克彦さんは「小口を使うという10代の光る発想…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです