メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

毎日文化センター 歴史・古典・こころ 地図を片手に歩く名古屋今昔 歴史や地名の由来を探索 名駅 /愛知

 今月から始まる「楽しくブラオワリ 地図を片手に歩く名古屋今昔」。NHKで放送中の人気番組「ブラタモリ」よろしく、名古屋の台地の歴史や地名の由来など、テーマに沿って散策します。講師は杉野尚夫・OASIS都市研究所代表(75)。毎月第3木曜日の午後1時半~3時半。受講料は来年3月までの6回1万2990円です。

     初回は今月19日。「名古屋駅をひとまわり、名古屋駅移転の歴史をさがそう」と題して、明治時代の古地図をもとに名駅地区の変革を学びます。

     11月から来年1月は、名古屋の台地シリーズ。今に面影を残す台地のヘリを歩きます。▽11月16日=「笠寺台地を横断、鎌倉街道を歩いてあゆち潟を見る」▽12月21日=「名古屋台地の北のヘリ、昔はここから海だった」▽1月18日=「千種台地のヘリ、合戦の跡をめぐる」。

     2月15日は「神話の里・大高」、3月15日は「八事丘陵を味わう」をテーマにします。

     各回の集合場所など詳細はお問い合わせください。

        ◇ ◇

     申し込み、問い合わせは、名古屋市中村区名駅1 名鉄バスターミナルビル10階 毎日文化センター(052・581・1366)。ホームページは、http://maimode.co.jp

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 児童虐待 2歳男児をゴミ袋に入れて放置 同居の男再逮捕
    3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
    5. 元配達員 配達先の少女暴行 強制性交等罪で起訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]