メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
体験型イベント

草津・立命大BKCで 性的少数者に理解を 学生ら展示や冊子配布 6日まで /滋賀

「Ccolor-free」代表の加藤耀さん(右)とメンバーの熊澤咲葵(さき)さん=滋賀県草津市の立命館大びわこ・くさつキャンパスで、小西雄介撮影

 国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について考えるきっかけを提供しようと、立命館大びわこ・くさつキャンパス(BKC、草津市)で学生主催の体験型イベント「Sustainable Week」が開かれている。一般参加も可能で6日まで。【小西雄介】

 SDGsは地球全体で2030年までに「飢餓をなくす」「全ての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等の実現」など17の課題の解決を目標に定める。今回のイベントでは、国際的な課題を学生の目線で身近に位置付け、日本にいる難民の故郷の料理提供や難民キャンプの写真展などのイベントを企画している。

 性的少数者(LGBTなど)への理解の浸透を目指すサークル「color-free」は活動紹介のパネル…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1021文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです