丹鉄クッキー

お土産に あかまつ号、丹後の海号の車両デザイン 14日発売 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
完成した「丹鉄クッキー」=京都府舞鶴市で、行方一男撮影
完成した「丹鉄クッキー」=京都府舞鶴市で、行方一男撮影

 京都丹後鉄道(丹鉄)の「丹後あかまつ号」と「丹後の海号」の車両をデザインパッケージにした新商品「丹鉄クッキー」が完成した。鉄道記念日の今月14日から車内やイベント会場などで販売する。先行販売として7、8両日、お座敷列車の中で景色を見ながら遊べる「おもちゃ列車」(定員予約制30席)の車内で各日50個(各25個)の限定販売がある。1個800円(クッキー8枚入り・税込み)。

 「丹鉄クッキー」は鉄道を生かしたイベントで地域活性化を目指す「北近畿鉄道ビジネス株式会社」が企画立案。地元企業と共同して作り上げた。パッケージ(長さ17センチ、幅・高さ各5センチ)は舞鶴市七日市の広告デザイン業「舞vent(マイベント)」が実車両を忠実に“縮小再現”したデザイン。クッキーは同市南浜町のお菓子工房「ロジナ」が製造。丹鉄ロゴマークとあかまつ車両前面のイラストを焼き付け、全て手作り。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集