メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

戦争遺跡・旧陸軍飛行場油倉庫、公費解体始まる 市民団体が保存訴えも /熊本

重機によってコンクリート製の油倉庫の解体が続いた

 太平洋戦争時に建造され、昨年4月の熊本地震で全壊認定された熊本市南区城南町の旧陸軍隈庄(くまのしょう)飛行場の油倉庫(高さ約2・5メートル、幅約15・5メートル、奥行き約4・3メートル)の公費解体が2日、始まった。1週間ほどで完了する予定。県内の戦争遺跡を調べている市民団体「くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク」は建物の文化的価値を訴えて市や県に保存を求めてきたが、行政は応じず、所有者が解体を申請していた。

 同ネットワークによると、隈庄飛行場(南北約1・8キロ、東西約3キロ)は1941年ごろ、大刀洗陸軍飛…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです