衆院選2017

希望、民進系押しのけ 独自候補を優先

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する希望の党の若狭勝氏(中央)ら=小出洋平撮影
記者会見する希望の党の若狭勝氏(中央)ら=小出洋平撮影

 希望の党が3日に発表した第1次公認では、民進党の候補予定者だった約210人のうち、半分の約100人が排除された。希望の党が独自に準備してきた候補が優先され、民進党候補の多くが押しのけられた。

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文1886文字)

あわせて読みたい