メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

難民流入警戒 ロヒンギャとヒンズー・仏教徒 宗教対立、飛び火も

ロヒンギャに襲われ、左腕に残る傷痕を見せるヒンズー教徒の難民、オニル・ルッドロさん=コックスバザールで9月30日、金子淳撮影

 【コックスバザール(バングラデシュ南東部)金子淳】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民流入が続くバングラデシュ・コックスバザールで、ヒンズー教徒の難民や地元の仏教徒ラカイン族の間にロヒンギャへの警戒感が強まっている。これまでミャンマー国内で両グループとロヒンギャとの対立が表面化してきたためだが、9月に入り、バングラ側でロヒンギャによるヒンズー教徒殺害事件が発生。宗教対立がバングラ側に飛び火する懸念が現実化しつつある。

 「手を縛られ気を失うまで殴られた。これを見てくれ」。ミャンマーから逃れてきたヒンズー教徒の難民、オ…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文967文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです