メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

移民をルーツに持つ パリ支局・賀有勇

 「どこの出身?」。地中海を渡り欧州を目指すアフリカからの難民や移民の取材のため、パリの空港に向かうタクシーの中で運転手のウラスさん(36)に尋ねられた。

 「日本」と答えると、彼は驚いた様子だった。私は米国出身の父と日本人の母を持つ。「東洋人」というよりは「西洋人」風の容姿から、私が日本人であることは予想外だったのだろう。

 父のルーツが19世紀に渡米した北欧ノルウェー移民であること。その父も若くして日本に移り住み、日本国籍を取得したことを説明した。ウラスさんの両親はモロッコからの移民だが、自身はフランス生まれのフランス人という。「移民をルーツに持つ」という共通点から、車内での会話が弾んだ。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです