メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパニーズジン

世界へ ユズや桜「和の味わい」 高級酒の市場、6年で倍

<左>ニッカのジン「カフェジン」<中>サントリースピリッツのジン「ROKU」<右>ウィスク・イーのジン「季の美」

 大手酒類メーカーが、ユズやサンショウなど日本ならではの素材を使った国産の高級ジンを相次いで発売し、海外展開を始めた。世界的に高い評価を受ける国産ウイスキーに続き、各社は世界市場で「ジャパニーズジン」のファン獲得に注力する方針だ。【秋本裕子】

 ジンは穀物を原料とした「スピリッツ」と呼ばれる蒸留酒の一種で、「ジントニック」などのカクテルに使われることが多い。近年は、欧米を中心に製法や材料にこだわった「クラフトジン」が市場をけん引。一般的なジンが1本1000円程度からあるのに対し、クラフトジンは3000~5000円程度と高価格だ。

 市場拡大を受け、国内でもクラフトジンが相次いで誕生している。アサヒグループホールディングス(HD)…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1388文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです