メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『野菜だより』 坂田邦雄・編集長

「前はサボテンを枯らしてしまうほど野菜にも植物にも知識がありませんでしたが、ゼロから勉強しました」と坂田邦雄さん=木村滋撮影

 (学研プラス・偶数月3日発売、1050円)

「旬」大切に 1年前から仕込み

 「野菜だより」は家庭菜園を楽しむ人たちに向けた隔月刊の専門雑誌。野菜の旬の瞬間を読者に伝えるため、「1年後の仕込みを今からいかにしておくかが生命線」と語る編集長の坂田邦雄さんに編集作業について聞いた。【井上志津】

 創刊は2007年。前年、ムックとして刊行された「有機・無農薬で楽しむ おいしい野菜づくり」が好評だったため、季刊の別冊を経て10年に定期雑誌化された。「農薬も化学肥料も使わない野菜づくりを応援する家庭菜園誌」というコンセプトは当初から変わらない。

 「当時は団塊世代が60歳を迎え、退職が始まった頃。趣味として野菜をつくるなら無農薬や有機栽培で手が…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1111文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです