メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

場面緘黙症

普通に話したいのに 特定場面で会話困難 経験者発信「支援を」

体験を語る大橋さん=札幌市で

 ◆「場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)」

 家では普通に話せるのに、学校に行くと別人のように話せなくなる--。そんな「場面緘黙(ばめんかんもく)症」と呼ばれる病気の経験者が、悩んでいる子どもを励まし、社会に理解を広げようと、声を上げている。国内の発症者は200人に1人程度。いまだ認知度が低く、大人になってから病気と知らされるケースも多いため、早期の診療や周囲の適切な支援の必要性を訴えている。【日下部元美】

 「皆にとって、私は『空気』でしかありませんでした」。福島県のハンドルネーム「すず」さん(34)は、…

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2112文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです