メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

場面緘黙症

普通に話したいのに 特定場面で会話困難 経験者発信「支援を」

体験を語る大橋さん=札幌市で

 ◆「場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)」

 家では普通に話せるのに、学校に行くと別人のように話せなくなる--。そんな「場面緘黙(ばめんかんもく)症」と呼ばれる病気の経験者が、悩んでいる子どもを励まし、社会に理解を広げようと、声を上げている。国内の発症者は200人に1人程度。いまだ認知度が低く、大人になってから病気と知らされるケースも多いため、早期の診療や周囲の適切な支援の必要性を訴えている。【日下部元美】

 「皆にとって、私は『空気』でしかありませんでした」。福島県のハンドルネーム「すず」さん(34)は、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです