特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-久保利明王将 第18局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

飛車は捕獲したが

 先手の飛車は窮屈どころか、いつでも取られてしまう形だ。ただし[後]9三桂は[先]7五飛と寄られて[先]9五歩の傷が残る。また[後]8四歩[先]同飛[後]8三銀も自陣が大きく乱れる。後手には[先]4五桂と打たれる手も残っている(次に[先]3三歩成が厳しい)。先手玉が鉄壁なのが心強い。佐藤も「桂得なので悪い気はしていなかった」と、形勢に自信を持っていたことをほのめかした。

 図から[後]5四角成と引きつけた手では[後]3八角成も局後検討されたが、[先]3七桂[後]4四歩[先]9五歩[後]同歩[先]9四歩[後]同香[先]9五香[後]9三歩[先]9四香[後]同歩の後、[先]3六香と据えて先手よし。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文794文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集