メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 内村が棄権 個人総合に誇り 種目別の自分、思い描けず

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操男子の内村航平(28)=リンガーハット=の、世界選手権個人総合の連覇記録が6で止まった。2日に行われた予選の、跳馬の着地で左足首を痛めたことで棄権を余儀なくされた。しかし2009年の世界選手権で初優勝して以来、2度の五輪を挟み8年間にわたって世界の頂点に立ち続けたことは「伝説(レジェンド)」と呼ぶにふさわしい偉業だ。

 内村を支えたのは「体操は6種目やってこそ」という個人総合に対する強い誇りだ。今大会は五輪の翌年とあ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです