メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

[腕時計の新常識]2017年のダイアル事情は?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

腕時計の良し悪しを見極めるポイントには「ムーブメント」「ケース」「文字盤」が挙げられます。しかしそれらの製法がいま、かなり複雑化してきているのをご存知でしょうか。そこで、ブランドのあり方にも関わるこの“3要素”について、従来の常識と現状を深掘り! ムーブメント編、ケース編に続いて、最後は文字盤を比較して見てみましょう。

20171002_hayashi_WN_01

 

2017年のダイアル事情は?

懐中時計の時代から定番色となっている白から、腕時計の時代に黒やシルバーが加わり、これらの色は長く定番色となっていました。そこへトレンドから定番色になりつつあるのが、ブルーダイアル。その他、高級感のあるグレーやブラウンが採用された時計も着実に数が増えており、自分好みのカラーが見つけやすくなっています。

 

従来の定番色

長く時計の文字盤に使われてきた白文字盤に対し、黒文字盤は20世紀のスポーツウオッチ人気と共に定番化。普遍的な色だからこそ、誰にでも良く似合います。

20171002_hayashi_WN_02

 

新しい定番色

白や黒といった定番色の時計を持った人が、次に狙うのがカラーダイアル。スーツの人気色と同じく、ブルー、ブラウン、グレーの3色が徐々に増加しています。

20171002_hayashi_WN_03

 

【コレが新常識!】エナメルダイアルに注目するブランドが増加

20171002_hayashi_WN_04

昨今の原点回帰、名品復刻のトレンドを受けてか、文字盤の王道であるエナメルに着目するブランドが増えています。高級時計に見合う品質のものは手作業で作られており、生産数が限られるため主流とはなりえませんが、その希少性も魅力になっています。

 

ダイアル事情まとめ

従来は安定感があり誰もが身に着けやすいブラック、ホワイトが定番でした。しかし今は手首に個性と華やかさを与えてくれるカラーダイアルが新勢力に。文字盤の色表現が豊かになることで時計の世界観にも広がりを見せてくれています。

 

 

 

【関連記事】
【2017年の腕時計ケース事情】定番の貴金属や合金に加えて夢のある新素材たちが台頭!
日本上陸10周年のEDOX、ロマンと冒険心をくすぐる「グランドオーシャン」世界100本限定モデルを発表
多様化する腕時計の新常識、あなたはどこまで知っている?
憧れの機械式腕時計を買う前に確認したい3つのポイント
【G-SHOCK列伝18】2代目W.C.C.S.モデルは鏡面仕上げのチタンで弱点を克服!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです