衆院選

小沢氏、無所属出馬へ 共産擁立見送り 岩手3区

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自由党の小沢一郎共同代表=根岸基弘撮影
自由党の小沢一郎共同代表=根岸基弘撮影

 自由党の小沢一郎共同代表は3日、希望の党に合流せず、岩手3区から無所属で立候補する意向を表明した。小沢氏の無所属での出馬表明を受け、希望の党を軸とした結集に反発している共産党は対抗馬の擁立を見送る見通し。3区では、これまで県内で進められてきた民進、共産、自由、社民の野党共闘の枠組みが維持される公算が大きくなった。

 小沢氏は同日の記者会見で、無所属での出馬について、「(党首が無所属で出馬する)民進党の対応に倣った」と述べ、「野党が結集して3度目の政権交代を実現させたい」と抱負を語った。共産党の対応については、「選挙をする身としては(候補を)立てずに応援してほしいが、向こうの事情もあるから分からない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文643文字)

あわせて読みたい