メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ

伝染病の懸念高まる…バングラ・難民キャンプ

日本赤十字社のクリニックで診察を受けるロヒンギャ難民の男性=ハキムパラで2017年10月2日、金子淳撮影

 【コックスバザール金子淳】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民が集中するバングラデシュ南東部コックスバザール周辺で、伝染病への懸念が高まっている。国連などによると8月末以降だけで50万人以上が流入し、難民キャンプの衛生状態が悪化しているためだ。現地の医師らは「発生すればすぐに広まる」と危惧している。

 多数の難民が集まるコックスバザール南郊ハキムパラでは、日本赤十字社のクリニックに難民が列を作ってい…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです