メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カラフル「蓋」が人気 マンホーラーも増加

「長島鋳物」で製作されているカラフルなマンホール蓋(ふた)=埼玉県久喜市で2017年9月20日、渡部直樹撮影

 街角を彩るカラフルなマンホール蓋(ふた)に注目が集まっている。

     埼玉県久喜市のマンホールメーカー「長島鋳物」の工場内では、キャラクターがデザインされ、色とりどりに彩色されたマンホール蓋が並ぶ。

     2008年ごろからの「ゆるキャラブーム」で、全国各地の自治体から、独自のキャラクターをあしらったデザインのマンホールの注文が増加。それまでの倍に当たる月約100枚を出荷している。

     同社の長島俊輔・久喜事業所長(34)によると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及により、地域ごとに異なるデザインのマンホールを写真に撮って楽しむ「マンホーラー」も増えているという。

     長島所長は「その場所に行った証しとして、ご当地のマンホールが被写体に選ばれているのではないか」と話す。【渡部直樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球CS 3位DeNAがファイナルステージ進出
    2. 青森沖・海自ヘリ墜落 「気がついたら機内に海水」
    3. マルタ 「パナマ文書」報道記者殺害か 運転中に爆弾爆発
    4. 松戸女児殺害 「我が娘こんなに可愛かった」父が動画公開
    5. 無線LAN 深刻な欠陥 メールを盗み見される危険

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]