メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講談社

「小説現代」リニューアル休刊 18年秋

 半世紀の歴史を持つ小説誌の「小説現代」(講談社)が来秋、リニューアルのため1年半ほど休刊すると3日、発表した。来年9月発売の10月号をもって一旦休み、2020年2月発売の3月号をリニューアル創刊する。売り上げが低迷する出版界で、エンターテインメント小説の牙城の一つが思い切った改革に打って出ることになった。

 同誌は1963年創刊の月刊誌で、「オール読物」「小説新潮」と並ぶ老舗。68年の43万部をピークに減少し、最近では1万1000部だった。「従来の長編(のための)連載中心の小説誌のスタイルを見直し、長編一挙掲載を中心に、毎号読み切れる新たな読み物雑誌として生まれ変わる」とし、その仕込みのため長い準備期間を設けた。塩見篤史編集長は「今の読書スタイルと小説誌のあり方の乖離(かいり)を根本から変えたい」と…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです