メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
らっこ・アーティスト

サム・ウィロウズ 自由求めて緻密なハモり

 アジアの金融の拠点として、経済発展がめざましい国というイメージがシンガポールにはある。1980年代末にディック・リーが日本でもブレークしたが、それ以降は、誰がいただろうか。経済に比べて、音楽や映画の印象は薄い。そんなシンガポールから男女4人組のサム・ウィロウズがアルバム「テイク・ハート」で日本デビューした。

 作品は、洗練されたポップアルバム。多民族国家らしく、全員が数カ国語を話し、歌は英語で歌う。アジア系…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです