メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

志尊淳 ドラマ「植木等とのぼせもん」松崎雅臣役

俳優・志尊淳さん=東京都渋谷区で2017年9月23日、和田大典撮影

 ◆志尊淳 ドラマ「植木等とのぼせもん」松崎雅臣役(NHK総合=土曜午後8時15分)

 甘いマスクに爽やかな語り口。中学時代から街でスカウトされることが多かったが、「芸能界に入ることは1ミリたりとも考えていなかった」。雑誌でヘアカタログのモデルの仕事をするうち、雑誌の編集者から「芸能事務所の養成所に入ってみては」と誘われたのが転機になった。オーディションに合格し、半分は社会勉強のつもりで入ってみると「芝居の楽しさというよりも、自分が見たことのない世界、感じたことがないものを感じられる環境で、ここで頑張ってみたいという気持ち」に。芸能界入りを決めた。

 タイトルの「のぼせもん」は、昭和のスター、植木等の付き人で、後にコメディアン「小松政夫」として活躍する松崎雅臣のことだ。家族も「小松の親分さん」の愛称で呼ぶほどの有名人。「存命中の人を演じるのは初めてで、不安しかなかった」。小松本人に何度も会い、さまざまなエピソードや当時の思いを聞いて役のイメージを膨らませていった。「小松さんはスイッチが急に入った後の熱意がすごい、『のぼせもん』でした。付き人時…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです