メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

3カ月 早く帰りたい 福岡・朝倉

九州北部豪雨から3カ月がたち、杷木小に建てられた仮設住宅でサイレンに合わせ手を合わせる被災者=福岡県朝倉市で5日午前10時、徳野仁子撮影

 福岡、大分両県で死者37人を出した九州北部豪雨は5日で発生から3カ月となった。最大の被害に見舞われ、なお4人が行方不明の福岡県朝倉市は午前10時、市内に防災行政無線で黙とうを呼びかけ、各地で住民らが犠牲者の冥福と行方不明者の早期発見を祈った。

 集落で2人が亡くなった杷木松末(はきますえ)の本村集落…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです