メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
憂楽帳

パトランキタキュー

 福岡県宗像市で生まれた「パトラン」は、ランニング好きな人々が街を走りながら防犯パトロールをする活動だ。走るついでのことだから、ランナーたちは「参加しやすい」と口をそろえる。

 現在、登録されたランナーは24都道府県に800人ほどいる。中でも北九州市とその周辺の地域で活動する「パトランキタキュー」は約380人で、全体の半分近くを占めている。

 なぜ、北九州でパトランがそんなに盛り上がるのか。「物騒な街」だから? 市外に住んでいた頃は、そんな…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文450文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです