特集

東京|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「東京|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

衆院選2017

立憲、16選挙区に擁立 共産は6選挙区取り下げ /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党の枝野幸男代表代行が結成した新党「立憲民主党」が4日、都内16選挙区に公認候補を擁立すると発表した。菅直人元首相(18区)、旧民主党で代表を務めた海江田万里氏(1区)らベテランのほか、新人7人も出馬する。一方、共産党都委員会は同日、都内6選挙区で公認候補の取り下げを発表。希望の党(代表・小池百合子知事)に合流しなかった野党勢力の結集が進み、与党の自民・公明、希望の党との3極となる選挙戦の構図がほぼ固まった。【後藤豪、柳澤一男】

この記事は有料記事です。

残り1948文字(全文2167文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集