メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/178 ライオン/40 /東京

 繁殖を目指すウメ、モモ、サクラの三つ子姉妹と雌のマオは1994年、ロッキーとの同居と並行して、群れに入るため既存の雄たちとの見合いを進めた。いろいろな組み合わせで見合いと同居が同時進行したが、一つの組み合わせで最低3日は試す必要がある。どこかに偏ると、せっかくなじんだ間柄や群れでの立場が悪くなってしまう。

 北園飼育展示係長の谷口敦さん(49)は「ライオン園の展示を維持しながら群れ作りを進めるスケジュール管理が大変だった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです