特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季北信越地区高校野球大会

組み合わせ決まる 16校出場、福井で14日から /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北信越地区高校野球大会組み合わせ
北信越地区高校野球大会組み合わせ

 14日から始まる第137回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が4日、福井市であり、出場16校の対戦相手が決まった。大会の成績は来春のセンバツ出場校選考の重要な参考資料となる。

 大会には新潟、長野、富山、石川の各県から3校、開催県の福井県からは4校が出場。試合は県営球場、福井フェニックススタジアム=いずれも福井市=と、福井県敦賀市の市総合運動公園野球場である。

 1回戦8試合は全て14日にあり、初出場の金津(福井1位)は松商学園(長野3位)と、同じく初出場のウェルネス(長野1位)は北越(新潟3位)とそれぞれ対戦。星稜(石川1位)は北陸(福井4位)と、富山商(富山1位)は金沢学院(石川3位)と戦う。日本文理(新潟1位)の秋6年連続出場は16校中最多となる。

 開会式は13日午後4時半から県営球場、決勝は22日午前10時から同球場である。【大森治幸】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい