メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 星組「ベルリン、わが愛」「ブーケ ド タカラヅカ」 映画作り、男の人生描く /兵庫

時代の波に翻弄(ほんろう)されながらも強く生きる映画監督のテオ(紅ゆずる)と女優のジル(綺咲愛里)=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団星組が宝塚大劇場でミュージカル「ベルリン、わが愛」(作・演出、原田諒)を上演している。ナチスの台頭するドイツを舞台に、迫る戦争の影にあらがいながら映画作りに情熱を燃やす男の人生を運命的なラブロマンスを交えて描く。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 1927年、ベルリンで数々の名作を世に送り出してきたドイツの映画会社(UFA)は、巨額の負債を抱え倒産の危機を迎えていた。プロデューサーのカウフマン(七海(ななみ)ひろき)は低予算で大衆受けする娯楽作品を製作することを宣言。助監督を務めるテオ・ヴェーグマン(紅…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです