衆院選

埼玉、山梨で自民分裂選挙 二階派2氏が復党、無所属出馬へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の党紀委員会は4日付で、いずれも二階派の長崎幸太郎、小泉龍司両前衆院議員の復党を認めた。一任を受けていた二階俊博幹事長と塩谷立選対委員長の判断を追認した。衆院選で長崎氏は山梨2区、小泉氏は埼玉11区から無所属で立候補し、岸田派と細田派の前職と対決する分裂選挙となる。岸田派と細田派の前職は公認せず「推薦」とし、当選者を追加公認する。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文612文字)

あわせて読みたい