メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

領土問題、経済性の深掘りを=吉村慎司 北海道国際交流・協力総合センター研究員

 ロシアとのビジネスに携わる企業・経済人を取材し始めて約8年になる。常々感じるのは、ビジネス分野に限らず、この隣国に関わる日本人の層が極めて薄いことだ。両国最大の関心事、北方領土問題も例外ではない。新聞紙面には特定の元島民、同じ学識者が繰り返し登場し、いつもの見出しが立つ。限られた関係者の間で堂々巡りを続けてきた領土問題だが、昨年後半、日本政府がからめ手から経済交流を打ち出したことで、空気が少し変わってきた。

 政府は企業のロシア進出支援策を大幅に拡充し、さらに4島での「共同経済活動」を掲げた。後者は双方の主…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文842文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです