メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 被災地から リンゴで「富岡負けん」 避難町民と古里つなぐ

リンゴには富岡町民を励ますメッセージなどを張り付ける。黒いシールをはがせば浮き上がる仕組みだ=福島市飯坂町の平井果樹園で、曽根田和久撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴い福島県富岡町から避難している町民を励ますためのリンゴづくりが、福島市内の果樹園で進んでいる。町民たちが共にリンゴづくりに汗を流すことで、古里のつながりを感じてもらおうという企画だ。リンゴは表皮に「富岡は負けん!」のメッセージなどを浮かび上がらせ、町内外に送られる。27日予定の収穫作業には、町民だけでなく、町民以外の参加者も募っている。【曽根田和久】

 リンゴづくりを手がけているのは、町民や町外のボランティアでつくる「とみおかサポータークラブ」(とみ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです