メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2008年「婚外子国籍確認訴訟」最高裁判決 国籍取得、事実婚の子にも

婚外子国籍確認訴訟の最高裁判決を受け、笑顔をみせるフィリピン人母とその子どもたち=東京都千代田区の最高裁前で2008年6月4日、佐々木順一撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 日本には結(けっ)婚(こん)していないカップルの間に生まれた子(婚外子)への差別の歴史があります。しかし、価値観が多様化した現代、役所に婚(こん)姻(いん)届を出さない「事実婚」も珍(めずら)しくなくなっています。そうした中、結婚していない日本人男性と外国人女性の間に生まれた子を日本人と認めないのは憲法14条が定める法の下の平等に反すると判断したのが、2008年の婚外子国籍確認訴(そ)訟(しょう)・最高裁判決でした。

 原告は、結婚していない日本人父とフィリピン人母のカップル10組の間に生まれた8~14歳(さい)(当…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです