メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2008年「婚外子国籍確認訴訟」最高裁判決 国籍取得、事実婚の子にも

婚外子国籍確認訴訟の最高裁判決を受け、笑顔をみせるフィリピン人母とその子どもたち=東京都千代田区の最高裁前で2008年6月4日、佐々木順一撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 日本には結(けっ)婚(こん)していないカップルの間に生まれた子(婚外子)への差別の歴史があります。しかし、価値観が多様化した現代、役所に婚(こん)姻(いん)届を出さない「事実婚」も珍(めずら)しくなくなっています。そうした中、結婚していない日本人男性と外国人女性の間に生まれた子を日本人と認めないのは憲法14条が定める法の下の平等に反すると判断したのが、2008年の婚外子国籍確認訴(そ)訟(しょう)・最高裁判決でした。

 原告は、結婚していない日本人父とフィリピン人母のカップル10組の間に生まれた8~14歳(さい)(当…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです