過労死

NHK31歳記者 残業月159時間、休み2日 渋谷労基署認定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NHKの首都圏放送センターの記者だった佐戸未和(さどみわ)さん(当時31歳)が2013年7月に東京都内の自宅でうっ血性心不全で亡くなったのは、長時間労働による過労死だったとして、東京労働局渋谷労働基準監督署が労災認定していたことが分かった。NHKが4日、発表した。認定は14年5月。

 NHKによると、佐戸さんは05年の入局。鹿児島放送局勤務を経て、10年7月に異動した首都圏放送センターでは経済、東京都庁などを担当。13年6月の都議選や同7月の参院選を取材し、参院選投開票日の3日後に亡くなった。

 当時の勤務状況についてNHKは、タイムカードなどで管理しており、「佐戸さんが(他の記者より)突出していたとは把握していない」としたが、渋谷労基署の算出では、死亡直前の1カ月間で時間外労働が159時間に達し、休日は2日間のみだった。厚生労働省は月80時間の残業を、過労死のリスクが高まる「過労死ライン」としている。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文901文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集