特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

19歳のみなさん投票しよう 昨年参院選は低調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
不在者投票の呼びかけ方などを相談する「Vote at Chuo !!」のメンバー
不在者投票の呼びかけ方などを相談する「Vote at Chuo !!」のメンバー

 衆院選公示(10日)を前に、19歳の投票率の動向が注目されている。選挙権年齢が20歳以上から18歳に引き下げられて初の国政選挙となった昨年7月の参院選では18歳が51.28%、19歳が42.30%と大きな差が出た。進学や就職で地元を離れた19歳が住民票を移さず、現住所で投票できないことが一因とされ、大学で学生有志が不在者投票を呼びかける計画も進んでいる。

 2日夜。中央大学多摩キャンパス(東京都八王子市)の一室に19人の学生が集まった。2015年の改正公職選挙法成立にあわせて、大学生に投票を促そうと結成されたグループ「Vote at Chuo!!」のメンバーだ。この日、投票日までに取り組む活動の計画を話し合って、不在者投票の呼びかけを柱とする方針を決めた。キャンパス内にブースを設けて、住民票がある自治体の選挙管理委員会に、不在者投票を申請してもらう…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1043文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る